岡山市南区 お風呂リフォーム

岡山市南区にて浴室リフォームのご報告です!

なぜ外部の現況写真なのか?

それは浴室を拡張する為の、増築を伴ったリフォームだからです。

既存の浴室ではスペースが限られている為、増築して拡張していきました。

まずは主要柱や筋交いが干渉しないか、入念にチェックしながらの解体撤去からスタートです。

鋳物の浴槽やタイル壁、床タイルやコンクリート、脱衣場との間仕切り壁も全て、解体撤去していきました。

岡山でお風呂改装

こちらの建物の壁は、昔ながらの ”こまい壁” という竹を縄で組み合わせ、そこに土を塗り込む工法で造られていて、撤去には通常の3倍以上の労力や時間、分別が必要となります。

岡山で内装解体

解体が終わると、スペース拡張の為の増築部の基礎工事です。

ブロック基礎ですが開口部は全て充填し強度を保たせます。充填する際に住金アンカーの4ぶ(12ミリ)をセットです。

ブロックの表面は基礎巾木とも言いますが、モルタルでしごいて目地を無くし綺麗に仕上げていきます。

そして重量のある浴室を支える為の、土間コンクリートもしっかりと打設です。

硬化期間を経て、躯体を組み上げていきました。つまり柱や梁材の造作です。

防水シートを張り雨水の侵入を防ぎます。

屋根はルーフィングと呼ばれる防水下地材を敷き、軽量&ローコスト&メンテナンス簡単の金属板金で仕上げていきます。

既存と同じく焼き板で仕上げいったので、全く違和感なしです。

今回のリフォームで給湯機器をエコキュートにも変更されオール電化住宅(深夜電力)としての申請となりました。

ランニングコストが抜群なのでリフォームの際にはお勧めです。

そしてついにシステムバスの新設です。

今回のバスはタカラスタンダードです。

そうです、天下のホーロー仕上げなので、傷がつかない、焼けない、汚れつかない優れものです。壁もホーローなのでメンテナンスがとても楽になります。

特に浴槽は鋳物のホーローなので、表面硬度が高く本物のガラス層なので、その深みある光沢はとても美しく、群を抜いています。

手入れはシャワーで流すだけ。すごくないですか?

浴室リフォーム岡山

汚れといえばドアのパッキン部分。タカラのドアはパッキンレスなので汚れやカビが付着しません。

そして床はタカラならではの、キープクリーンフロアという磁器タイルにクリーンコーティングされた商品で、従来の樹脂系素材のように傷や汚れが入り込まないものとなっています。

ユニットバス岡山

床の断熱効果も優れています。事前にサッと湯を床に流すだけで、あら不思議。床面の暖かさが持続します。つまり急激な温度変化が引き起こすヒートショックによる心筋梗塞などの危険を回避する対策にもなるという事です(浴室暖房乾燥機やルームヒーターを併用するとなお無敵です)

タカラのパーフェクト保温というシステムで①天井②浴室パネル③洗い場④断熱窓⑤断熱風呂フタ⑥高断熱浴槽で浴室全体を完全防備しています。

ちなみに天井は24ミリ、壁は16ミリ、洗い場床は15ミリの断熱材で外気を遮断しています。

高断熱浴槽と断熱風呂フタのセットですと4時間経ってもお湯の温度低下は2.5度以下という驚異のデータが実証済みです。

耐震性に優れているのも特徴の一つです。

では岡山県にお住いの皆さま、驚きのビフォーアフターをご覧ください!

外部の驚きのビフォーアフター!

岡山のお風呂リフォーム
岡山県での増築工事